♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

また遅い更新ですみません
8月27日に、天王寺のYMCA大阪南でのライブラリーコンサートが、無事に終わりました!
名前の通り、図書館でのコンサートだったのですが、150名ものお客様にお越し頂けました!ありがとうございました

ちょうど、この記事を書きかけた日に、舞台写真が届きました!運命的!
01
02
しかし、私、必死な表情すぎますね

古楽の声楽アンサンブルは初めての経験でしたので、直前は不安になりましたが、素晴らしい方々と共演させて頂けたことは、幸せでした
曲目は、ヴィクトリア、パレストリーナ、ロボ、アラウホ、ツィポーリ等々、初めて歌う作曲家の曲ばかりで、美しい曲と沢山出会えたのも嬉しかったです!
そして、アンコールは「コーヒールンバ」でした

古楽は音域が低いので、響きの場所をつかむのに苦労しました。1年前の私だったら、もっとカスカスになっていたと思います。
昨年冬ぐらいから、これまでさんざん悩んできた中低音が、以前より充実してきました。年齢もあるとは思いますが、バッハや古楽をよく歌うようになったことが大きく影響していると思っています!

でも、古いものばかりに片寄らず、色々なものを歌っていきたいと思っております

今日は、演奏会のご案内を二つさせて頂きます♪

ひとつめは、すでに来週末に迫っていますが、大阪南YMCAのライブラリーコンサートに出演させて頂きます!
しかも100回記念のコンサートなのだそうです!
バッハクライス神戸の合唱指導をしてくださっている先生がお声掛けくださいました

[画像:41c0e23d-s.jpg]

大阪南YMCA
100回記念ライブラリーコンサート

日時:2017年8月27日(日)15:00~
会場:大阪南YMCA(天王寺駅より徒歩5分)
入場料:2000円

各パート2人ずつの声楽アンサンブルと、オルガン、ヴィオラダガンバ、という構成です。

私以外は皆さんアンサンブルベテランの方ばかり…
私はついていくのに必死で、まだ楽しむところには至りませんが、貴重な経験をさせて頂いています!
ソプラノの進元さんは、同門の先輩で(出身大学は違うのですが)、大学時代から憧れの先輩でしたとても素晴らしい歌声です!

17:00からは、チェンバロの発表会でいつもお世話になっている河野先生のチェンバーオーケストラの演奏もあります。
こちらもお薦めです!

お時間ございましたらお越しください


ふたつめは、昨日チラシが出来たばかりですが、箕面でサロンコンサートをさせて頂きます
アットホームなコンサート、というコンセプトで、チラシをお家のデザインにしてみました

[画像:b5f1e894-s.jpg]

北井春花・田村幸造ジョイントサロンコンサートvol.2
~フルートの音色と共に~

日時:2017年10月9日(月・祝)11:00~ / 14:00~
会場:プチホールカノン(箕面駅より徒歩3分)
入場料:一般1000円、中学生以下500円

フルートの福原彩乃さんと一緒に演奏させて頂きます初めての共演ですわくわく。

ソプラノとフルートのための曲は沢山あるので、悩みましたが、バッハ「コーヒーカンタータ」のアリアと、アダン「ああ お母さん聞いて」(きらきら星)の変奏曲をお届けする予定です♪
それぞれのソロも演奏いたします。

11時~の部と、14時~の部は、プログラムは同じで、各1時間ずつの予定です。
箕面観光ついでに、是非お越しください
(各回定員35名ですので、なるべく事前のご予約をお願い致します。mipiace_miffy@hotmail.com)

お盆休みです。
と言っても、明日は、先週台風到来で中止にしたレッスンの振替えがあり、明後日は実家に行くので、意外とすぐに終わってしまいそう。
今日は、家の掃除と、コピー譜の大片付けをしています。

01
じゃーん!
実は、6月頭に、ついに自転車を買いました!!
うちの実家はすごい坂で、自転車に乗るのが面倒だったため、自転車経験が乏しい私。
が、今住んでいるところは、自転車人口が多く、私もほしいなぁ~と思っていました。
「自転車買うのは初めてです。」
と自転車屋さんで言うと、自転車屋さんのおじさん、超初心者の私に、親切に乗り方(使い方?)を教えてくださり、「肩の力を抜いて!すぐ慣れるから」とアドヴァイスくださいました

しかし、乗ってみると、思ったより下手でした。。。ヨロヨロふらふら。。
その上、最初の頃は、スピードが遅すぎて、すれ違う人に二度見されていました
2ヶ月たち、蛇行はしますが、大分マシになってきました(笑)
近所ならサイクリングは楽しいですが、ちょっと遠くに行くのは、まだ勇気がいります。頑張りますー!


そして、最新のビッグニュースは、、、
2018年3月2日に、初めてのソロリサイタルをさせて頂きます
お世話になっている先生が推薦くださり、兵庫県の新進芸術家育成プロジェクトとしてさせて頂くことになりました。
これまで、ジョイントリサイタルしかしたことがなく、一人で、というのは不安も大きいですが、折角機会を頂けたので、しっかり準備して挑みたいと思っております

今、プログラムを考え中なのですが、曲目を考えている時が一番楽しいなぁ~と思います。
今のところ、前半を日本歌曲とバッハとドイツもの、後半をフランスものにしようかな、と考えています。
また詳細が決まりましたら書きますので、どうぞよろしくお願い致します


さらに、すっかり書き忘れていたこと。
昨年の9月、「田村幸造レクチャーコンサート~夜想曲の系譜~」というコンサートをしました↓
http://le-nozze-di-haruka.dreamlog.jp/archives/5105618.html
その時に、神戸フォーレ協会でお世話になっている音楽学の近藤秀樹先生が聴きに来てくださり、気に入ってくださって、今年の5月末に、近藤先生の担当されているシニアの方向けの講座で、再演をさせて頂きました
02

この企画を近藤先生が気に入ってくださったのは嬉しかったし、再演させて頂けるのもとても喜んだのですが、日にちが、なんと明石混声さんの定演の3日後でした。。
なかなか 必死な本番となりました!

が、かえって集中して演奏することができました。
メインは田村で、私は3曲だけだったのですが、昨年より良い演奏が出来ました!
講座の生徒さんは、50名ぐらいいらっしゃったのですが、とても集中して聴いてくださり、嬉しかったです。

そして、近藤先生の解説はやはり素晴らしく、大変勉強になりました!内容も、話し方も!
私もお話上手になりたいです
最近お話付きコンサートも増え、演奏家はお話も上手に出来ないといけない時代になってきていると思います

これも、もう1ヶ月近くたってしまいましたが、神戸フォーレ協会の定期演奏会Bonjour France!が、無事に終わりました
御来場頂いた皆様、ありがとうございました!!
3

今年は、「音楽のびっくり箱」というテーマで、選曲には悩みましたが、色々と調べて、気に入る曲を探した結果、
♪ケクラン「グラディスのための7つの歌」より1、2曲目
♪ドビュッシー「死化粧」
♪リムスキー=コルサコフ「バラに恋するナイチンゲール」
を歌わせて頂きました
no title

ケクラン「グラディスのための7つの歌」は、ケクランが60代の時(1935年作曲)に、映画女優リリアンに夢中になり、映画から着想を得て作曲した曲のなのですが、楽譜を海外から取り寄せたら、なんと、この薄さで、4579円(送料含む)!!
6
今回歌った1、2曲目は、古楽風の音楽で、とても美しかったのですが、後ろの方の曲はかなり濃厚~な音楽です!
折角楽譜買ったし、いつか全曲歌えるかな・・・

リムスキーコルサコフの「バラに恋するナイチンゲール」Aimant la rose, le rossignolは、シンプルそうに見えて難しかったので、もう今回限りにしようと思っていたのですが(笑)、有名な曲だというのもあってか、お客様に好評でした

神戸フォーレ協会は、公演に向けて勉強会が何度かあり、人前で演奏させてもらえるので、初めて取り組む曲でも、本番までに経験を積むことができます。ありがたいです。
お陰で、本番は集中して演奏できました!!

2
女声合唱にも出演いたしました。
サン・サーンスの「Ave Maria」と、ドビュッシーの「Salut printemps」を演奏しました。
実は、今、神戸フォーレ協会の総務をしているので、曲目は私の希望を出したら、決まりました(役得
ドビュッシーは、数年前から歌いたかった曲だったので、念願叶いました!
そして、演奏会のプログラムの最後を合唱で締めくくるというのは、お客様から大変好評で、今後も取り入れていこう、という話になりました!


というわけで、今年は総務をしているので、本来なら裏方に回るべきだったのですが、出演希望者が少なかったこともあり、思い切って出演させて頂くことにしました。
直前の一週間は少しバタバタしましたが、他の役員の方々が支えてくださったので、無事に終えることが出来ました!
本当に本当にありがとうございました

5

02

すでに1ヶ月ほどたってしまいましたが、6月23日に、マグノリアサロンコンサートが無事に終わりました!
平日の夜にもかかわらず、とても沢山のお客様に御来場頂けて、感謝です
01
当日はバタバタして集合写真を撮れなかったので、合わせの時の写真です。
左から、トランペットの堀川さん、湊さん、私、ピアノの田村。

003
当日の楽屋にて♪

トランペットの堀川さんにお誘い頂いて、初めて、憧れのマグノリアサロンコンサートに出演させて頂きました。
マグノリアホールは、池田の逸翁美術館の中にあり、雰囲気が素敵で、しかも響きもとても良いです
こんな良いホールで歌わせて頂けて、幸せでした
(最近、会場の響きってとても大事だなと思います。若い時はあまり気にならなかったのですが。)
001

002
1905年製のスタインウェイだそうです!

トランペットと一緒に歌うと、トランペットの音で自分の声がよくわからなくなり、合わせの時は思うように歌えなくて苦しみましたが、本番の日は、マグノリアホールのお陰か、驚くほどナチュラルに歌え、楽しんで演奏させて頂きました

プログラム
・バッハ:カンタータ51番より1曲目(全員)
・バッハ:カンタータ147番より 主よ人の望みの喜びよ(ツィンク、オルガン)
・バッハ:カンタータ78番より 二重唱(歌、トランペット、ピアノ)
・ラヴェル:ハバネラ形式のエチュード(トランペット、ピアノ)
・ドナーティ:栄ある聖母よ(歌、ツィンク、オルガン)
・パーセル:束の間の音楽(歌、チェンバロ)
・シャイン:主は汝の声を聞き(歌、ツィンク、チェンバロ)
・ファニー・メンデルスゾーン:「6つの歌」より第2曲(ピアノ)
・フェリックス・メンデルスゾーン:「無言歌集」より 紡ぎ歌(ピアノ)
・夏の歌メドレー(全員)

バッハの51番をトランペットと一緒に演奏するという夢も叶い、嬉しかったです
堀川さん、湊さん、ありがとうございました

昔(もう何年前だろう…)ブライダル聖歌隊の仕事でよくご一緒していた方が、お嬢さんと一緒に来てくださっていて、びっくり。
お嬢さんの声楽の先生が、私が神戸フォーレ協会でお世話になっている方だそうで、その方がこのコンサートをお勧めしてくださったのだそうです
繋がっているなぁ…と思います。ありがたいです。

そして、私の生徒さんも何人か来てくださったのですが、中3の声楽の生徒さんがご両親と一緒に来てくださり、お母様から嬉しいメールを頂きました。
『北井先生に憧れている○○(生徒さんの名前)ですが、実力的には先生のお背中も見えないことを実感したようで、今後、受験勉強との両立を頑張ると申していました。』
この生徒さんは、高校は音楽科でなく普通科に行くことに決めたので、今年は勉強も大変なのですが、そんな風に思ってくれて嬉しいです!
生徒さんの憧れの存在でいられるように、これからも努力し続けたいと思います

このページのトップヘ