♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

すでに一週間たってしまいましたが、創作童謡「黄金のあみコンサート」が無事に終わりました!
今年も沢山のお客様でした!ありがとうございました!

今年で3回目となりました「黄金のあみ」
1回目の時に、大学時代に音楽理論&作曲編曲法の授業でお世話になった南川先生がお声掛けくださり、それから毎回演奏させていただいています

今年演奏させていただいた曲は、
作曲:大森愛弓、詩:岩本良子「5月の子ねこ」
作曲:岡田正昭、詩:山本なおこ「きんかんの実」
作曲:渡辺さとみ、詩:すみくらまりこ「天使のはしご」
以上3曲でした。

45345775_1939624109451499_3775546501116198912_n
作曲の渡辺さとみ先生と、ピアノの田村と。
渡辺先生の曲は第1回の時から毎回歌わせていただき、毎回大変お世話になっています

まず、楽譜が届いたら、自分なりにどのように歌い表現したいかを考えて練習し、
本番2週間前ぐらいに、作曲家の先生との練習があり、色々とアドバイスをいただき、
それから本番までさらに歌い込んでいく、という感じです

このような日本の歌だと、歌っていくうちに「ここは、こうしたい」というフィーリングがどんどん出てきて、やっぱり私は日本人だなぁ…と改めて実感いたします(笑)
そして、作曲家の先生にアドバイスをいただくと、自分一人で考えていた時とはまた違った新たな発見があり、さらにわくわく楽しくなります

本番当日は、詩人の先生も客席にいらっしゃるので、歌詞を間違えたらどうしよう…というプレッシャーは大きいのですが
(今年も無事に間違えず終えられました!)
新作初演という貴重な機会に演奏させていただけることに、感謝しています


そして、このコンサートは、歌い手&ピアニストの皆さん良い方で、毎年お会いできるのが楽しみになっています(年毎に少しメンバーは入れ替わりますが、本当に良い方ばかり!)
今年もありがとうございました!!
45472850_1939624172784826_5232976028753723392_n
45359006_1939624256118151_7096343677408116736_n

朝晩と昼間の気温差が激しく、風邪が流行っていますね!
私も、微妙な風邪をひいています。。鼻が出る&しんどいだけなのですが、一昨日は昼間に4時間弱も寝てしまいました

さて、昨日、創作童謡「黄金のあみコンサート」の、作曲家の先生との練習がありました。(鼻声ですがなんとか歌えました!)
このコンサートは、今年で3回目!
毎年お声掛けいただけて、ありがたいです
童謡とはいえ、おしゃれな曲ばかりで、歌い込んでいくのが楽しいです

img172

第3回 黄金のあみコンサート
~未来へ贈る創作童謡と歌曲~

日時:11月4日(日)13:30開演
会場:大阪市立青少年センター ココプラザ(新大阪)
入場料:大人2000円、高校生以下1000円

私は、「5月の子ねこ」「きんかんの実」「天使のはしご」の3曲を演奏させていただきます
よろしければお越しください

チラシ・チケットご入り用の際は、mipiace_miffy@hotmail.comまで、
よろしくお願い致します!

先週末の3連休、第3回H.ジェディカー先生の公開レッスン@姫路に参加いたしました!

第1回講習会の日記→http://le-nozze-di-haruka.dreamlog.jp/archives/4955262.html
第2回講習会の日記→http://le-nozze-di-haruka.dreamlog.jp/archives/5117442.html

今年は、私は、1日目は夕方から聴講、
2日目にレッスンを受講させていただき、
残念ながら、3日目の受講者コンサートは日程の都合で参加できずでした
IMG_20181007_223318_929
2日目の最後の時間まで残っていた方々と一緒に写真を撮ってもらいました向かって先生の右隣が私です♪

受講者コンサートに参加するなら、ある程度歌い慣れた曲を持って行くところなのですが、今回はレッスンだけだったので、少し冒険して、新曲も入れてしまいました!
・Er ist gekommen 彼はやって来た(C.Schuman)
・Kornblumen 矢車菊(R.Strauss)
・Mohnblumen けしの花(R.Strauss)
の3曲を歌いました。

クララ・シューマンのEr ist gekommemは、リサイタルでも歌った曲ですが、「もっとオペラアリアのようにドラマチックに歌って」と言われ、後半は、Ruhigと書いてあるけどテンポは遅くしない、とのこと。
それがすごくしっくりきて、ああーなるほどー!と初めて思えました!!

シュトラウスの2曲は、1ヶ月半ぐらい前から取り組み始めた新曲でした。
暗譜はしていましたが、人前で歌ったことがある曲と比べるとあまり余裕がなくて、ひとつ気を付けたら、その前に指摘されたことを出来なかったり。。
でもこれからレパートリーにしたいので、とても勉強になりました!

「先生が指揮をするから、それに合わせて歌ってみて」と言われ、必死に合わせて歌ったら、、、
先生、大爆笑!
指揮の通りになったのが面白かったのでしょうか??!
これを自分一人で生み出せるようになりたいです!!

先生は、今年は特に、細かい発音等よりも、音楽の流れを重視されているご指導でした。(と思いました。)私だけでなく、皆さんのレッスンにおいて。
フレーズがどこに向かっていきたいか。
それをより良く理解するためには、やはりもっと語学力が必要だと痛感しました
(私も一応、5年前ぐらいまではドイツ語を勉強していたのですが、今はフランス語に偏っているので、、、。でも、ドイツリートも歌いたい曲が沢山あるのです。)

発音では、今回も、苦手なLの子音を指摘されました。
ngの発音は、直されたものの、前回(2年前)よりすぐに出来ました。
あとは、二重子音。やっているつもりが足りていないようです。

私はピアニストとペアでも受講しましたが、歌い手だけのレッスンの時は、先生がピアノを弾かれます。
先生のピアノは、本当に引き出しが豊富で、表情豊か!!
素晴らしすぎて、他の方のレッスンを聴講している時も、感動でした

そして、受講生の皆さんはリピーターも多く、同窓会のようで、とても楽しかったです
皆さんありがとうございました
そして、講習会を主催&通訳してくださったあいこさん、ありがとうございます!お疲れ様でした!

もう1週間以上たってしまいましたが、河野まり子先生が主宰されるチェンバロアカデミーの発表会で、歌わせていただきました
会場は、6月にもお世話になった、大阪南YMCAの図書室でした。
多くのお客さまがお越しくださいました!
DSC_0473

前にも書きましたが、今回は、クープラン生誕350年がテーマでした。
前半のプログラムは、クラヴサン曲集から3つのオルドゥル(組曲)を選び、チェンバロアカデミーの皆さんが一人2、3曲ずつリレー演奏する形式でした。
後半は自由曲で、私は「王の命令によって作曲されたモテットの4つのヴァーセット」から2曲歌わせていただきました。

古楽唱法はほぼ独学、聴き真似なのですが、声には合っているとよく言ってもらえるので、一度継続的にきちんと勉強するべきかなぁ…と思ったりしています。
そして、バロックピッチ(約半音低いのです)で歌うのは、半年ぶりぐらいでした。
元々私は絶対音感なので、一人で練習していると、しばしば、気が付いたら半音上がっている…という事に
いっそ、楽譜より半音低い調で歌っていると思った方がいいのか、とか、直前まで悩んだのですが…
本番は、自分の出番まで他の方のチェンバロの演奏をずっと聴いていたら、違和感なく気持ち良く歌えました!
単にバロックピッチへの慣れが足りないだけですね

しかし、古楽だけでなく、ロマン派も近現代も歌いたいし、両立はなかなか大変なことです
IMG_20180925_110119_088


さて、話は変わり、今週末10月6日~8日に、姫路南風会サロンにて、3回目のH.ジェディカー先生の講習会が開催されます。
https://www.facebook.com/events/615121888888695/?ti=cl
私は、7日に受講させていただきます
(今年は、受講者コンサートの日は都合がつかず、残念ながら出演出来ません
IMG_20181003_223917


H.ジェディカー先生は、歌曲の伴奏が専門のコレペティの先生です!
魔法のような素敵な音楽(ピアノ)を奏でながら、ドイツ語の発音や音楽的な事を的確にご指摘くださいます

第1回講習会の日記→http://le-nozze-di-haruka.dreamlog.jp/archives/4955262.html
第2回講習会の日記→http://le-nozze-di-haruka.dreamlog.jp/archives/5117442.html

ご興味あれば、ぜひ聴講にいらしてください!!

今年2018年は、ドビュッシー没後100年、というのは何度か書かせていただきました。

同じフランスの作曲家ですが、クープランは、今年が生誕350年だそうです
バッハより少しだけ年上の、バロック時代の作曲家です。(ちなみに、バッハは、今年が生誕333年です!ゾロ目!)

というわけで、クープランの曲に初めて取り組むことになりました!

スマホ用・Web用

チェンバロアカデミー秋の演奏会
~クープラン生誕350年に想いを寄せて~

日時:2018年9月24日(月・祝)16時開演
会場:大阪南YMCA(天王寺駅より徒歩5分)
入場無料

クープランといえば、クラヴサン(チェンバロ)のための曲を沢山作曲していて、華やかできらびやかな感じの音楽、というイメージぐらいしかなく、歌の曲は全く知りませんでした。。
ネットで調べて音源を聴いて、私の大好きな歌手、パトリシア・プティボン様やサンドリーヌ・ピオー様が歌っている曲に決定(笑)
「王の命令によって作曲されたモテット 4つのヴァーセット」です。
ソプラノ2人で歌う曲で、1、4曲目は二重唱、2、3曲目は一人一曲ずつソロを歌うようになっています。
今回は、一人で2、3曲目を歌わせていただきます

大変美しい曲ですが、
楽譜が、、、
DSC_0132

古風な楽譜しか見つかりませんでした
救いは、ト音記号で書かれていたこと!ハ音記号でなくて良かったです!
♯や♭、音符の長さは、少し見にくいですが、楽しみながら慣れていきます~

このページのトップヘ