♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

ご無沙汰しております。
先月、2018年になってから3回目の風邪をひいてしまいました!
風邪をひいたのは、1月、4月、6月、、、この先私どれだけひくのでしょう、、、

しかも、地震に、大雨、、、
私は幸い大きな被害はありませんでしたが、皆様大丈夫でしたでしょうか?!

そんなわけで、すっかりご無沙汰してしまいました

3月の初リサイタルが終わったあと、燃え尽き症候群気味になり、もちろん次なる演奏会のために練習はしていたのですが、集中できていなかったのか、体がうまく使えず、練習中も全然自分で納得できるように歌えず、人前で歌うのが憂鬱…という時期がありました。

そんな時、調子が戻るきっかけをくださったのは、神戸フォーレ協会の定期演奏会のための勉強会でご指導くださった相可佐代子先生!
1回きりのレッスン。しかも短い時間だったのに、体のことなど非常に適格な指示をくださり、久しぶりに、歌っていて「あっ、これだ!」と思えました!!

その後、バッハの本番直前に風邪をひいてしまい、焦りに焦って大変だったのですが、、、
「バッハクライス神戸定期演奏会」、「大阪南YMCAライブラリコンサート」、「神戸フォーレ協会定期演奏会」、なんとか全て無事に終了いたしました!
お越しくださった方、お世話になった方、ありがとうございました

演奏会のご報告は、改めて書きます!


神戸フォーレ協会の定期演奏会が終わった2週間後、毎年恒例の聴き合い会がありました
Screenshot_20180609-222051

今年でvol.10ということですが、私は2年目から参加させていただいているので、9年目。月日が流れるのが早いですー!

今回は、モーツァルトのハ短調ミサのアリア「Et incarnatus est」を歌わせていただきました。
数年前コンクールのために準備して、結局歌わずに終わった曲でした。
テクニック的にかなりの難曲で、数年前は死にそうになりながら歌っていましたが、今回はなんとかある程度自分のものに出来たかな…と思っています。

宗教曲はまだまだ経験値が少ないので、テクニックと表現が自分の中で結び付くまでに時間がかかってしまいます。。
私自身が無宗教であるという事もあると思います。
でも、美しい曲、歌いたい曲が沢山あるので、がんばります!
20180714_1836607
ホールの方が撮ってくださいました

5月27日、明石市民会館大ホールにて、
明石混声合唱団さんの定期演奏会で、今年も歌わせていただきました!
ありがとうございました

高校時代の音楽の先生が指導されている合唱団で、ピアニストさんも同じ高校の先輩。
毎年私をゲストに呼んでくださり、本当に感謝しています!
b
ピアニストのあゆりさんと

今回は、Ave Maria特集のステージに出演させていただき、
サン=サーンスとルッツィをソロで、
シューベルトを合唱+ソロで演奏いたしました。
ルッツィとシューベルトは先生が選曲され、サンサーンスは自分で選びました。
サンサーンスは、美しい曲ですが、伴奏が音が少なくシンプルで(本当はオルガン)、会場は大きなホールなので、なかなか緊張しました!
なんとか無事に務めを果たせて、ほっとしております

明石にお住まいの元・生徒さんが、広報誌を見て来てくださったり、
毎週指導に行っている合唱部の子たちも沢山来てくださいました
a


3月のリサイタルが終わってから今回の曲に取り組んだので、いつもよりスタートが少し遅かったのですが(サン=サーンスは初めて歌ったので、譜読みからでした)、
リサイタルの後は若干燃え尽き症候群になり、しかもたまたまここ2ヶ月弱本番がなかったこともあり、練習してはいたものの、いまいち集中できていなくて、、、
直前は、かなり気持ちが焦りました

舞台への緊張感・集中力を常に保つのは大変なことですね。。
でも、これが無いと自分がだめになってしまう!と改めて思いました。


話が脱線しますが、
実は、私は「歌手になりたい」という夢を持ったことはありませんでした
ピアノ科だけど歌が趣味で大好きな母に育てられ、幼い頃から大きな声で歌うのが当たり前でした。歌うのが、呼吸をするのと同じぐらい自然なことだったかもしれません。
歌しか得意なことがなかったので(笑)、大学は声楽科に行きましたが、歌手になりたいとは思っておらず、音楽の先生になるつもりでした。
が、たまたま大学では成績が良かったため、卒業後歌を辞めるのはもったいない、と先生がおっしゃってくださり、自分の中にももう少し勉強したい気持ちがあったので、続けてきて、、、今に至ります。

こんな経緯が、良いのか、悪いのか、よく分かりませんが、
新たに取り組んでみたい曲は沢山あるし、練習と経験を積み重ねて上達することには大きな喜びを感じるし、指導の仕事をさせていただくにも舞台の演奏経験は大事だと思うので、きっとこれからも歌い続けていくと思います

ありがたいことに7月上旬までは演奏会がいくつかありますので、緊張感を保って頑張ります

こんにちは 早いもので、GWも終わってしまいましたね
先月は、勤めている音楽教室の発表会があったので慌ただしく過ごしておりましたが、ようやく、次の演奏会に向けて集中し始めてまいりました!

夏までに出演させていただく演奏会をご案内させていただきます

img162
明石混声合唱団 35回定期演奏会

日時:2018年5月27日(日)13:30開演
会場:明石市民会館大ホール

高校時代の音楽の先生が指導されている合唱団で、毎年私をゲストに呼んでくださり、ありがたい経験をさせていただいています!
今年は、アヴェ・マリア特集のステージで、ソロで2曲、合唱団との共演で1曲歌わせていただきます


FB_IMG_1523093824789
バッハクライス神戸 第12回定期演奏会

日時:2018年6月16日(土)14:30開演
会場:東灘区民センターうはらホール(JR住吉駅直結)
入場料:1500円

バッハクライス神戸のメンバーになってから、3回目の定期演奏会です!
今回は、カンタータ29番のソロを務めさていただけることになりました!
実は、教会カンタータのソロは初めてです(一昨年は、ミサのソロを歌わせていただきました。)


img163
ライブラリコンサート 第108回

日時:2018年6月30日(土)15:00開演
会場:大阪南YMCA(天王寺駅)
入場料:1000円

昨年の8月に100回記念のコンサートに出演させていただき、今回2回目の出演になります。
ヴァイオリン高森真貴子さんと、ピアノ田村幸造と3人で、さまざまな国の音楽を演奏させていただきます!
それぞれのソロもあります


IMG_20180424_094131
神戸フォーレ協会 定期演奏会
Bonjour France!vol.24 ~ドビュッシー没後100年に寄せて~

日時:2018年7月1日(日)14:00開演
会場:東灘区民センターうはらホール(JR住吉駅直結)
入場料:2000円

所属団体の定期演奏会、今年も歌わせていただきます。
今年は、私の大好きな作曲家・ドビュッシーの記念年
ソロで「Fete galante」(艶なる宴)、「Regret」(後悔)の2曲、
ソプラノ宇治田麻由美さんと二重唱で「Chanson espagnol」(スペインの歌)、
そして合唱で「Salut printemps」(ようこそ春よ)、グノーの「アヴェ・マリア」、
を演奏致します!


ご興味ございましたら、ぜひお越しください
どの演奏会も、チラシ・チケットのご用命は、
mipiace_miffy@hotmail.com
まで、どうぞよろしくお願い致します!

新年度が始まりましたね
今日は、仕事面での昨年度を振り返りたいと思います

昨年度2017年度は、声楽講師・リトミック講師としての仕事が過去最高に忙しく、充実していた年でした
ありがいことに、個人レッスンしている生徒さんがどんどん増え(一時は30名以上になりました!)、未熟ながら、受験生も数人指導させていただきました。
高校受験が二人、小学校受験が二人、そして宝塚受験が一人。

高校受験は、府立夕陽丘高校の音楽科と、夕陽丘学園高校(私学)の音楽コースに合格されました!
2人とも第一希望の学校でしたおめでとうございます!
2人ともとっても可愛い声楽の生徒さんです将来が楽しみです

小学校受験は、1人は合格、1人は残念ながら不合格で、第二希望の学校には合格していたのでそちらに通うことになりました。
リトミックの先生としてはまだ初心者な私は、小学校受験はもちろん初めての経験で、同業者の友人に試験の情報を教えてもらい、1年間必死にレッスンの準備とレッスンを頑張りました
学校にもよりますが、リズムを真似して叩く、音を聞き分ける、お歌、お遊戯などが出るようです。

前年は、「さかなさかなさかな~さかなを食べると~」の難易度の高いダンスが出たそうで、お母様から、レッスンでダンスもしてほしいとの要望が
レッスン前日にYouTubeでダンスを探して、振りを覚えて、、、。
大学でジャズダンス部に入っていたのが、思わぬところで役立ちました!笑

宝塚受験は、残念ながら不合格でした。
他の学校と比べたら倍率が一桁違うし、集団面接に受からなかったら実技試験が受けられないので、酷な受験だなぁと思いますが、試験直前は本当に良く頑張っていて、伸びました
これからも諦めずに頑張ってほしいです。

ちなみに、前年度に合格された105期の生徒さんは、合格発表のニュースで写っていました!


1月には、4回目の生徒さんの発表会を開催いたしました☆
川西市の田村ピアノ音楽教室でレッスンしている生徒さんと、訪問レッスンしている生徒さんのための発表会です。
ブログ用5

この冬はインフルエンザが大流行で、直前に欠席になった方もいて、とてもとても残念でしたが、私の生徒さんは、ちびっ子2人、中学生3人、高校生1人、大人7人、演奏されました
その中で、今回初出演の方が4人。かなり心配した方もいましたが、本番は皆さん期待以上の力を発揮してくださいました!!

ちびっ子の歌の伴奏(弾き歌い)しました。
とっても可愛い男の子の兄弟です!
ブログ用3
ブログ用4

大人の生徒さんと、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の二重唱を歌いました♪(初・ツェルリーナ!)
ブログ用1
ブログ用2


年度変わりと共に私の元を卒業された生徒さんもいるので、今年は、今のところ昨年よりは少し落ち着いていますが、神戸の実家でも一人レッスンするようになりました
変わらず、某大学合唱部と、通信制高校にも行かせていただいております。

そして…今年は、人生において次のステップにいくための努力をしようと思っています。全くどうなるかわかりませんが。
歌ももちろん歌い続けます
嬉しい事に、私に歌を習ってくださっている生徒さんは、「先生の歌が好きなので」とおっしゃってくださる方が多く、頑張って歌い続けないと!と思う力をいただいています

長文読んでくださり、ありがとうございました

ご縁があり、「バッハクライス神戸」に入らせていただいてから、2年半ほどたちました

2月17日、バッハクライス神戸の冬のコンサート、終演いたしました!
ソロでは、カンタータ202番「結婚カンタータ」(ソプラノのソロカンタータ)を3人で分割して歌い、私は2~5曲目を歌わせて頂きました
他の曲は合唱で出演いたしました。
2
1

結婚カンタータは、とても大好きなカンタータです!
今回オーケストラと一緒に演奏する機会を頂けて、珍しく、プレッシャーより喜びの方が大きかった本番だったような気がしています。
以前、一度ピアノ伴奏で歌ったことがあるので、気持ちに余裕があったというのもあると思います。どの本番も、余裕があるように、頑張らなくては、と改めて思いました!
3
↑結婚カンタータの終曲は、3人で一緒に歌いました

4


そして・・・
3月25日に、バッハ作曲「ヨハネ受難曲」に出演させていただきました!
バッハクライス神戸の合唱指導をしてくださっている今泉先生が企画と指揮、バッハクライス神戸の指揮者・李先生はヴィオラでご出演、さらにバッハクライス神戸の客演ソリスト・頃安先生がエヴァンゲリスト(福音史家)でした。
合唱は各パートが4~5名ずつで、バロックを中心に歌われているベテランの素晴らしい歌い手さんばかりでした!
そんな中で歌わせていただけて、幸せでした
会場の芦屋教会も、素敵なところでした!
05

↓リハーサルの日。
06
レチタティーボでほんのひとことだけソロをいただき、あまりにも一瞬すぎて、変な緊張感でした!難しかった!

カンタータに比べたら、受難曲はドラマチックで、早口の曲もあり、必死でしたが、とても良い経験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです
お客様も満席でした!!ありがとうございました!!

このページのトップヘ