♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

9月下旬に、教員免許更新講習の修了証明書が届きました!
aa
大阪音大で受けた4科目、放送大学で受けた1科目、すべて無事に合格していました
しかし、これを教育委員会に持っていかないと、免許更新は完了しません!

もう大分前の話になってしまいますが、放送大学で受講した講習について書いていなかったので、簡単に書いておこうと思います。

放送大学は、自宅でのビデオ学習です
ビデオが視聴できる期間が決まっていて、確か7月中旬~8月中旬ぐらいでした。
私は1科目だけだったので、1回45分のビデオ×8回分でした。だいたい1週間で2回分見ればいいんだから余裕やん、と思っていたのに、だんだんたまってきて(笑)、締切直前は毎日必死で観ました
眠気を誘うビデオで、パソコンの前でついこっくりこっくり・・・
放送大学で全科目受講してたら大変だったと思いました!

教科書もあり、パソコンから見れるので、一応一通りざっと読みました。

試験は、放送大学に受けに行かなければなりません。
(各都道府県に会場があり、申込の時に会場を選べます。)
4択問題で、マークシートでした
明らかにこれしかないやん!という簡単な問題もいくつかあり、全員受からせてあげたい、という想いが伝わってきました(笑)
まあ、音大もそんな感じでしたが

これから教員免許更新講習を受けられる方、私にわかることでしたら何でもお答えしますので、いつでも聞いてくださいね

もう2週間きってしまっていますが、
ドイツ人のピアニストH.ジェディカー氏が、昨年に続き今年も来日され、10/8~10に、姫路で講習会が行われます

ジェディカー先生は、歌(主にドイツ歌曲)の伴奏が専門です。
ピアニストなのですが、昨年受講した時は、曲のことだけでなく声のポジションのことも適格におっしゃってくださり、想像以上に素晴らしいレッスンだったので、今年も楽しみです!

10月10日(祝)19時から、南風会サロンにて、受講者コンサートがあります

image

ジェディカー先生の表現力豊かな魔法のピアノが聴けます!
夜ですが、会場は姫路駅から近いので、よろしければお越し下さい♪
チケットのお求めは、mipiace_miffy@hotmail.comまでm(_ _)m
(8、9、10日のレッスンも聴講して頂けます!)

曲目は、迷いましたが、ようやく決めました!
学生ぶりに歌う、シューマンの「月の夜」、
先日の夜想曲のコンサートでも歌った、リストの「おお愛せよ、愛し得る限り」(愛の夢)、
そして、同じくリストの、ヴィクトル・ユゴーの詩(フランス語)による、「どうやって、と彼らは言った」の3曲です

あと、コンサートでは歌いませんが、バッハのカンタータ51番も持っていくつもりです

徐々に、頭の中が、フランス語よりもドイツ語寄りになってきました。
両方平均的に勉強したいのですが、どうしても、その時歌っている曲によって、どちらかに寄っていってしまいます。
今日は、フランス語教室に行った時も、ドイツ語の単語を喋りそうになりました。笑

ジェディカー先生と少しはコミュニケーションが取れるでしょうか?!ドキドキ
(※レッスンは通訳つきです。)

ミタホールでのレクチャーコンサート「夜想曲(ノクターン)の系譜」、無事に終わりました!!
思ったより沢山のお客様にお越し頂き、感謝しております!!ありがとうございました!!
1
2

私の家族であります田村幸造が、
「ノクターンばっかり集めたお話付きのリサイタルをしようと思うんだけど」
と最初に言い出したときに、
「私の出番は??」と聞きましたら、
「うーん、、、今回は、、、無いな。」
と言われてしまいました

しかし、私は、フランクの歌曲に「夜想曲」があることを知っていましたので(これは結構有名)、歌いたい!と言い張り(笑)、
なんやら調べているうちに、フォーレの歌曲にも「夜想曲」があるのを見つけて、その2曲を歌わせて頂くことになりました

結果的には、私の歌の生徒さんや友人も多数聴きに来てくださったので、私の出番を作って良かった、という話になったのですが(* ̄∇ ̄*)

さてさて、コンサートの中身はといいますと、
アンコールも入れて、9人の作曲家の夜想曲を演奏いたしました
(ピアノソロ7曲、歌曲3曲)←フォーレはピアノ曲も歌曲も演奏しましたので、全10曲でした。
中にはマニアックな作曲家も入っていましたが、田村のお話(レクチャー)も好評で、「面白かった!」というお声を沢山頂きましたありがたいです!
3

アンコール曲は、私が決めました
かなり悩んだのですが、夜想曲は静かで美しい曲が多いので、最後はがつんと行きたい!(笑)と思って探していましたら、
リストの有名なピアノ曲「愛の夢」が、3つの夜想曲という副題がついていると知って、
この「愛の夢」は、元々は歌曲ですので、一番有名な第3番「O lieb~」(おお愛せよ、愛しうる限り)をアンコール曲に選びました!
この曲は、全く初挑戦でしたので、直前まであがきましたが、本番は開放的な気持ちで演奏できました♪
お客様の評判も良かったです

前々から歌ってみたい気持ちはあったこの曲だったのですが、私の声にとっては重すぎる気がしていて、実際ソ、ラあたりの中高音(って言うんだろうか…?)が続くところでは、重たく歌ってしまいがちで、苦戦しましたが、良い勉強になりました!
年齢的に、だんだんと、こういう曲も歌えるようになってきたかな・・・と思って嬉しくなったり。

神戸フォーレ協会でよくお世話になっている音楽学の先生が聴きにいらしてくださり、
ありがたいことに、
「一回だけじゃもったいないから、再演しませんか?」
とおっしゃってくださいました
まだいつになるかわかりませんが、楽しみです
ますます精進いたします
6
5
4

教員免許更新講習の記録がまだ途中なのですが、、、
秋のコンサートシーズンに突入してしまいましたので、2つご案内をさせて頂きます

ひとつめは、先日も書きましたが、
9月11日(日)14:00~、
阪急宝塚線庄内駅前のミタホールにて、
夜想曲(ノクターン)を集めた演奏会に出演いたします♪
image
私は、フォーレとフランクの夜想曲を歌わせて頂きます。
(実は、アンコールでもう1曲歌います。)
もう直前ですが、やっと歌詞の対訳も作成しました!!
2曲共に出てくる言葉は「grand」(大きい)、「mystere」(神秘)
曲の美しさがお客様に伝わるように訳せていたらいいのですが…

まだお席に余裕がございますので、お時間ございましたら、ぜひぜひお越しください!


そして、
9月18日(日)17:00~は、阪急宝塚線服部天神駅近くのノワ・アコルデにて、チェンバロアカデミーの発表会で、1曲歌わせて頂きます!
image
パーセルの「オイディプス」より つかの間の音楽(Music for a while)を歌わせて頂きます
前々から憧れていた曲です!

チェンバロの伴奏で歌わせて頂くのは、数年前に神戸フォーレ協会の演奏会でラモーのオペラアリアを演奏して以来、生涯2回目です
その数年前の時は、チェンバロの音がしゃらしゃらしているので、拍がわからなくなり、難しいなぁ…と思いましたが、今は、そんなことはなくなりました
楽しめるように頑張ります!

伴奏合わせの時
DSC_3333a

a

教員免許更新講習シリーズ(笑)、続きです。
大阪音大で4科目、放送大学で1科目受講することになり、現時点で、大阪音大で3科目が終わりました!

選択必修科目「学校を巡る情況変化と教育改革」
選択科目「日本伝統音楽」「雅楽基礎講座」
を受講しました
(あとは、選択科目「合唱」を受講予定です。)


「学校を巡る情況変化と教育改革」は、
担当の先生がお話し上手で聞きやすかったのですが、1日の最後に行われた試験が難しく、「○○についての考えを書きなさい」のような問題でした!
資料を見ながら解いてもよかったのですが、見てもよくわかりませんでした…


「日本伝統音楽」は、
午前中は、邦楽の歴史を習ったり、楽器紹介(お琴、三味線、尺八)があったり、複数の先生が入れ替わり立ち替わり講義をしてくださり、演奏も聴けました!
午後からは実技で、1時間ずつお琴と三味線を体験できました!
大学時代の授業では、なぜか尺八を選択したので、お琴も三味線も初体験でした☆
お琴の爪はすぐに飛んでいくし、三味線のばちは手が痛くなりましたが、楽しかったです
b
そして…テスト!!
午前中の講義の時から、先生方がテストに出るところを丁寧に教えて下さり、テスト直前にも復習タイムがあり、テストはばっちりでした
八橋検校や宮城道雄、邦楽の音名(レは壱越、ミは平調・・・)、それぞれの楽器の歴史や材質やら、沢山覚えられました


「雅楽基礎講座」は、
講義より実技が多くて、歴史や楽器の説明はすぐに終わり、午前中の後半からすでに楽器体験でした!
笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛、の3つの吹く楽器の中からひとつ選んで体験させてもらえました
選べると言っても、楽器の数に限りがあるので、バランスよく分かれなければならず、
「笙」は、和音を奏でる楽器なので、難易度が高いということで、希望者が少なかったので、思い切って笙にしました
c
まずは、結露を防ぐために、楽器を温めます。夏にはつらい(笑)
本当は20~30分ぐらい温めないといめないそうです!

d
穴を押さえた竹が鳴ります。一度に6本の竹を押さえます。
なかなか運指が覚えられない上に、押さえたつもりが穴からずれてたり
午後も練習し、最後には「越天楽」を合奏しました!!(半分ぐらいは吹けたかな・・・??)

そして、恒例のテスト!
少ししか説明の時間がなかった割には、なかなか本気なテストで、すべて「漢字で書きなさい」でした
篳篥なんて、漢字で書けません・・・。
テンション少々ダウン(苦笑)


・・・と、とても有益な講座ばかりで、楽しんでおります
邦楽や雅楽の鑑賞や解説など、今後授業に取り入れられたらなぁ、と思います!
テストがクリアできているかどうかが、多少不安ではありますが。。。
結果は、9月下旬ぐらいにわかるそうです。

このページのトップヘ