♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

2009年07月

f0154a39.jpg
短期間に講習会行きすぎ、って感じですが、
母校であった指導者研修「合唱・基礎編」に参加してきました音符
もちろん、ヴォイトレ教えに行ってる某大学合唱部を、もっとパワーアップさせたいからです!!

音大で開催されてるから、受講生は卒業生ばっかりかと思っていたのに、素人さんらしきおばさまなどもいらっしゃいました。

椅子がソプラノ、メゾ、アルトの3ブロックに分けて並べられていて、開始15分前に着いたらすでにソプラノの席はいっぱいだったので、とりあえずメゾの席へ。
譜読みをあまりしていなかったので、最初は音がいまいちはまらなくて微妙でしたが、だんだんハモれてくると楽しくなってきました笑い
合唱、やっぱりいいですね。どんどん合唱にハマっていってる私です。


一日目は、
午前は、横隔膜や母音・子音のこととか、喉で音程を感じないとか、発声についての講義がありました。
わかってることばかりのはずなんですが、教え方の上手さに感激しましたキラキラ
持ってる知識をいかにして簡潔な言葉で分かりやすく伝えるか…難しいなぁと思います。

午後は、課題曲(6曲ありました)を歌っていきました。
主音だけピアノで弾いてもらって、そこからアカペラで和音を取ったりしました。
私はとにかく和音が弱いんです悲しい
「今は和音の中の第3音はどこのパート?!」
とか言われても、全然ぱっとわかりません…。
曲の中でどれが長和音か短和音か減和音か、考えてくる宿題が出ました。
帰宅してから、むっちゃ苦労してピアノをたたきまくりました。疲れたぁダッシュダッシュ

二日目は、
午前は、前の日の続きで、前の日時間がなくてできなかった曲を中心に歌い、
午後は、受講生が指揮をしていきました。
受講生は50人近くいたので、全員が指揮を振れるわけではないのですが、先生が私のことを声楽専攻の卒業生だと覚えていてくださったので、一曲振らせてくださいましたドキドキ大
しかし、私実は合唱の指揮ってしたことありません。。。
「振ってる時は歌ってる時より息が止まってる」
と言われました(^^;
ベテランの学校の先生されてるような方はめっちゃお上手で、どんどん音楽が流れていくんですよね。素晴らしいキラキラキラキラ
「指揮は慣れやで。」
と先生おっしゃっていましたが、私にもいつか慣れるほど振る機会がやって来るのかどうか。。。

楽しい講習会でした笑い音符

徳島に、インターナショナル夏期講習会を受けに行ってきました音符
616834da.jpg
ウィーン国立音大の先生が来られたんですキラキラ
たまたま友達の結婚式と日がかぶっていたので、講習会6日間中、後半の4日間参加しました。
長文ですが、お勉強したことを書かせていただきます~笑い


ひまわり 一日目ひまわり
遅れて参加したため、この日の私のレッスンは朝イチ(10時)!!
緊張しすぎて筆箱が行方不明になったりしましたが(笑)、一日早く参加していた二期会研修生で同期の友人に色々助けてもらって、なんとか無事済みました。
モーツァルト「後宮からの逃走」のコンスタンツェのアリアをみて頂き、内容は、
●体を三角形に広げる。
●息を離す。ゴムボートが水に浮かんで進んでいくようなイメージ。
●語尾を遠くに。ビブラートにならない。
という感じでした。いいレッスンでしたキラキラ
先生の奥様が日本人で通訳してくださるので、呼吸ぴったりでわかりやすかったです笑顔

友人もいるし、楽しかったので、調子にのって他の方のレッスンを聴きまくりました。
まさかこれが次の日のガンになろうとは・・・。


ひまわり 二日目ひまわり
この日のレッスン順は、朝から二番目でした。
前日聴講しすぎてたし、寝る前にレッスンの録音を聴いたのも悪かったのか、どうも喉が疲れていたみたい。
しかも午前だし、なんだか調子がいまいち。コンスタンツェのアリアを二曲みて頂きましたが、もう途中で歌うのやめたくなってきました(苦笑)
コンスタンツェの二曲目は高音だけでなく、中低音を鳴らすことが大切ということで、低音を鳴らす発声練習をして頂きました(下降音階)譜面

昼食を食べたあと、練習室で30分爆睡(笑)
ちょっと元気になりましたまる

この日から、二期会同期の友人がもう一人参加しました☆
同期3人でご飯もわいわい食べました料理


ひまわり 三日目ひまわり
毎日レッスンの後に選抜者によるコンサートがあるのですが、私はこの日にコンサート出演でした。
レッスンが午後だったので、前夜、思い切って目覚まし時計をかけずに就寝。
でも8時に起きてしまいましたが(^^;

演奏会で歌うコンスタンツェのアリアの一曲目をみて頂きました。
他の人のレッスンはほとんど聴講せず、柔軟体操をしまくってからレッスンに臨んだので、調子は良かったです。
しかも最初に、昨日もやった低音を鳴らす発声練習をじっくりやってくださったので、かなり歌いやすかった!!
曲の方は、アクセントのある母音をしっかり歌って、でも語尾もしっかり歌わないといけなくて、語尾を歌おうとすると今度はアクセントがアクセントに聞こえない・・・という葛藤を繰り返しました汗
コンサートがあるので、レッスンは短めに終わって、本当はこれが最後のレッスンだったのですが、次の日にもう少しみて頂くことになりましたキラキラ

コンサートは、レッスンで言われたことを治さなきゃ、と思いすぎて緊張して微妙な演奏でしたが、先生は「高音がきれいだった」とおっしゃってくださいました。
(てことは、やっぱり中低音はあかんのやん)


ひまわり 四日目ひまわり
講習会最終日♪
レッスンは午前で終わりで、午後は奨学金で留学できる人を選ぶオーディションコンサートでした。
(オーディションに受かるのは、ヴァイオリンやピアノコースの若い10代の学生さんなので、声楽の年寄りたちにはあんまり関係ないのですが。笑)
声楽コースは10人中4人がコンサートに出演できることになりましたが、二期会同期は見事3人とも出演させて頂けました!優秀~キラキラキラキラ
このコンサートでも、コンスタンツェのアリアの一曲目を歌いました。
講習中結局ほとんどこの曲しかやってない(笑)ま、これを一番やりたかったので良いのですがウインク

演奏会の出演順は直前に決ります。5分前ぐらいに(笑)
ドレスに着替えてばっちり準備できてたのに、最後から2番目でした。
(前の日は一番最初だったから、順番発表された時に「あと2分で出番です」って言われて焦ったけど…。)
待ちくたびれたけど、休めたから喉の調子はよく、前の日ほど緊張しなかったので、そこそこ普通に歌えました。
先生にも「前の日より良かった」とおっしゃって頂けましたドキドキ大

そして、先生と受講生で打ち上げパーティークラッカー
「私はコロラトゥーラソプラノになれますか?」
と先生にお聞きしたら、
「可能性はあります。『魔笛』の夜の女王役はライバルが多いと思いますが。笑」
と言われましたキラキラ
まだまだなんちゃってコロラトゥーラですが、本物のコロ(?)目指して頑張ります力こぶ


ひたすら体力勝負でしたが、とっても有意義な講習会でしたキラキラキラキラ
徳島は、垂水に住んでる私からしたら結構近い(2時間ぐらい)ので、また来年も予定が合えばぜひ参加したいと思います笑い

7月になりましたが、なかなか梅雨が明けませんね~悲しい雨

今月は演奏会の本番が全然ないのですが、
8月、9月、10月とたまたま大きな演奏会が続いています譜面
まず今日は、8月の演奏会のご案内をさせて頂きますキラキラ


ラブリーホール主催ロビーコンサート100回記念
Summer Concert~小さな恋物語~
a9cacb54.jpg

●日時:822日(土)15時開演
●会場:ラブリーホール大ホール・ホワイエ
(南海高野線・近鉄長野線「河内長野駅」より徒歩7分)
●入場料:¥1000

●出演:
 北井春花(ソプラノ)
 松田恵美(メゾソプラノ)
 木村孝夫(バリトン)
 長谷川千里(ピアノ)

●プログラム:
<第一部>
・初恋(越谷達之助)
・ひぐらし(團伊玖磨)
・夏の日のレクイエム(小林秀雄) などなど
<第二部>
 モーツァルト作曲
 オペラ「バスティアンとバスティエンヌ」(全1幕・日本語上演)

「バスティアンとバスティエンヌ」では、私は羊飼いの娘・バスティエンヌ役を演じます笑い
私の大好きな系統の役…ヤングで純粋でチャーミングな女の子ですリボン
素朴で他愛ない恋物語ですが、なんとモーツァルトが12歳で作曲したオペラです!!
やっぱりモーツァルトは天才です電球

申し訳ないことに、非常に暑い季節&時間なのですが、一服の清涼のように爽やかで心地よい音楽をお届けできるよう頑張りますので、もしお時間ございましたらお越しくださいラブ
メールかコメントをくだされば、いつでもチラシ・チケットお送りさせて頂きますm(_ _)mキラキラ
手紙 mipiace_miffy@hotmail.com


ちなみに、9月・10月の演奏会は・・・

音符第17回舞コンサート
  ~北井春花・大前香菜子ジョイントコンサート~
 日時:9月26日(土)14時開演
 会場:舞子ビラ・あじさいホール

音符第77回日本歌曲の流れ~近代の名歌曲を集めて~
 日時:10月16日(金)18時半開演
 会場:ドーンセンターホール

です。またチラシが出来次第詳細を書かせて頂きますウインク
よろしくお願い致しますクローバー

このページのトップヘ