♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

2014年06月

先日、所属しています神戸フォーレ協会の定期演奏会が無事終わりました
400名以上のお客様に御来場いただけました!ありがとうございました!!

a

今年は、定期演奏会の20回記念で、テーマはなく、それぞれ演奏したい曲を選びました
それがうまいことバラエティーに富んでいて、さまざまなフランスの作曲家の曲が登場しました!

私は、大好きなドビュッシーの「ピエロ」と「アリエルのロマンス」を選びました。
ピエロはもう2、3年前から持っている曲ですが、うまく歌えたことがなく、今回リベンジしてみようと思いました。
アリエルは、演奏会で歌われていたのを聴いて気に入った曲で、年明けぐらいから譜読みを始めました。
しかし、印象派の絵画のようなドビュッシーの歌曲は、美しいけどつかみどころがなく、歌い上げすぎてもいけなくて、やはり難しい・・・。もちろん私の中では、今回の本番を通して大分成長はしましたが、本番思うように歌えなかったところが多々・・・悔しいです。
今後も精進いたします

最後に、皆さんでシャンソンメドレーを演奏しました(合唱と器楽アンサンブルで)
今回のためにわざわざ作曲家の先生に編曲してもらったものでした
しかも、元タカラジェンヌの方が振付をしてくださって、とても豪華な舞台になりました(暗譜するのは大変でしたが・・・。)
私はあまりシャンソンは詳しくなくて、知らない曲もあったのですが、お客様はシャンソンが好きな世代の方が多かったようで、喜んでいただけたようで良かったです


神戸フォーレ協会に入会して、ちょうど9年たちました。
大学では半年しかフランス歌曲の授業がなくて、フォーレの歌曲を3、4曲歌っただけでした。
もっとフランスものが歌いたくて、大学を出てすぐにフォーレ協会に入会させてもらい、厚かましくも入った年の冬に早速演奏会デビューしたのですが、最初は発音も文法もよくわかっておらず、手とり足とり教えていただきました。
その後も演奏会や勉強会でたくさんお勉強させていただき、オペラ「マノン」と「カルメン」にも出演させて頂き、ようやく最近、一応フランスものが歌える・・・という自信がついてきました感謝です!!

また9月にも、神戸フォーレ協会の演奏会に出演させていただきます!
詳細は後日・・・

姫路混声合唱団さんの定期演奏会、
明石混声合唱団さんの定期演奏会、
二週連続でしたが、なんとか無事に終わりました

どちらも、毎回ゲストとして呼んで頂けて、感謝しております。
お越し頂いた皆様もありがとうございました

今回は舞台写真を頂いたので、写真を中心に書きます(笑)

姫路混声さんでは、前にイタリアで歌った合唱団でご一緒させていただいた方が写真撮影係をされていたので、お写真送ってくださいました

a
合唱団の方と一緒に、林光編曲の「椰子の実」を歌いました。
合わせが当日のみだったので、緊張して行き、リハーサルではなかなかテンポ感が合わず何度もやり直しましたが、本番は無事成功しました!(と思います。)

b
その後、合唱団の方は退場され、私が「中国地方の子守歌」「あわて床屋」「からたちの花」の三曲を歌わせて頂きました。
坂下先生が、一曲ずつ解説されます。

c

d
「♪ちょっきん ちょっきん ちょっきんな~」


そして、明石混声さんでは、2つのステージで歌わせていただきました。
まず、高田三郎のステージ。
f
(↑フレッシュボイスさんより)
合唱団の「水のいのち」から二曲と「心の四季」から二曲の間に、歌曲を歌いました。
高田三郎の歌曲を歌うのは初めてで、今後もおそらく自分ではセレクトしないであろうと思うので、苦戦しましたが、勉強させていただけて良かったです!

その後は、ミュージカルのステージ。
h
「コーラスライン」より ワン、前日の場当たり中。(私は出ていません。)

合唱団は振り付けが結構本格的で、大変そうでしたが、素敵でした
私は、合唱団の方が衣装を着替える時間つなぎに、「サマータイム」を歌いました

g
振り付けの先生と私の花束いただいたシーン。
ありがとうございました

i
最後に、団員さん作の素敵な看板です

このページのトップヘ