♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

2015年04月

3月末はバタバタしましたが、今月、来月は、珍しく演奏会の本番がありません!
今のうちに、しっかり新しい曲を練習しておかなければ…

今決まっている、今後の演奏会出演予定を書きます
どの演奏会も、またチラシができたら改めて宣伝させて頂きますね


2015年
6月20日(土)
明石混声合唱団定期演奏会(ゲスト出演♪)
会場:明石市民会館アワーズホール
(美空ひばりの曲と、「ふるさと」など日本の歌を演奏します。)

7月12日(日)14時~
神戸フォーレ協会定期演奏会「Bonjour France!」vol.21
~フランス風・動物の宴~
会場:東灘区民センターうはらホール(住吉)
入場料:2000円
(鳥に関するフランス歌曲を3曲歌います

7月25日(土)
La Bonne Chanson~優しき歌~
会場:堀江アルテ(西大橋)
(ベイツ「鳥たちの歌」全4曲を歌おうかな?と思っています。)

8月23日(日)14時~
ミタホールSonatineシリーズ
「夏の小さな贈り物」
~北井春花・松田恵美ジョイントコンサート~
会場:ミタホール(庄内)
入場料:一般1000円、中学生以下500円
(仲良しのメゾのめぐちゃんと一緒にやります
ソロはフランスものを歌うつもりです。
二重唱は、宗教曲やオペラや、色々なジャンルのものを歌いたいと思っています

11月15日(日)14時~
神戸ビエンナーレ2015
「神戸フォーレ協会会員によるジョイントコンサート」
会場:シマブンホール(灘、岩屋)
入場料:2000円
(まだ曲目は全然決めていませんが、20分ほど歌わせて頂ける予定です


今年は、フランスものばかりでなく、他の国のものも歌おう!と思っていましたが、やはりフランスものの本番が多い…
フランス音楽が一番好きだから、仕方ないですね

ご都合よろしければ、ぜひいらしてください

a
先日も書きましたが、昨年に続き、今年も、京都フランス音楽アカデミーを受講しました
アカデミー期間中に本番が2つも入ってしまっていて、厳しいスケジュールだったので、受講するかどうかかなり迷いました。が、昨年ミレイユ先生がとても良かったので、思い切って受講しました

昨年の日記
http://le-nozze-di-haruka.dreamlog.jp/archives/4648182.html
http://le-nozze-di-haruka.dreamlog.jp/archives/4653266.html

昨年は、母音の発音の仕方など、目からウロコなことをたくさん教えて頂いて、その後、周りから「発音が上手になった」(もちろん歌う時の)と言われるようになりました

今年は、発音はほとんど直されませんでした
昨年学んだことを、この一年正しい方向に実践できていたということでしょうか

今年新たに学んだことは、
★後方母音は、思っていたよりさらに後ろだった!頭の真後ろにぽっかり穴が開くような感じ、と感じました。
★舌がリラックスした状態というのは、舌がエスカルゴのように少し丸くなっている。
★高いシ♭の音までは口を横に開くのを我慢する。シの音から上は、歯を見せてもよい。

下あごとビブラートのことは、今年もよく注意されましたが、前の記事にも書いたように、
「昨年よりとても上達した。下あごも、公開レッスンの時にはあんまり震えてなかった(力が入ってなかった)」
とおっしゃって頂き、とてもとても嬉しかったです

あと、すごく的確なことを言われた、と思ったのが、
「あなたは、歌曲を歌う時には、良いポジションより少し下で歌っている。歌曲を歌う時も、オペラアリアを歌うときのように、あなたの本当の声で歌いなさい!」
歌曲だと、そんなに高音は使わないし、無意識にちょっとラクしてしまっているのでしょう。。。
歌曲ばかり歌っている時は、コロラトゥーラのオペラアリアが歌いにくくなるなぁと思っていましたが、それは、単に歌曲で高音を出さないから出にくくなるだけではなく、響きのポジション自体が落ちてきてしまうんですね

今年の受講曲
アーン:リラの木のナイチンゲール
ショーソン:イタリア風のセレナーデ
デュパルク:フィレンツェのセレナーデ
ドビュッシー:星の夜
        :月の光
ルーセル:貞淑な妻の返答
デラックア:ヴィラネル
トマ「ハムレット」より 私も遊びの仲間に入れてください
グノー「ミレイユ」より おお軽やかなつばめよ
ラモー「イポリートとアリシー」より 恋するナイチンゲール

そして、なんと・・・

ヴェルディ「仮面舞踏会」より どんな衣装か知りたいだろう(オスカルのアリア)
       「ファルスタッフ」より 夏のそよ風吹く上を(ナンネッタのアリア)

ヴェルディ2曲は、二回目のレッスンの時に、先生に「持ってきて」と言われました。
昨年は、私の中低音が鳴らないのは花粉症のせいだ、とおっしゃられていた先生でしたが、今年は花粉のせいにはしてもらえず(笑)、「高音はとてもいいので、中低音の練習をするために、ヴェルディをもってきなさい」とのことでした!
仮面舞踏会のオスカルのアリアは歌ったことがなかったので(聞いたことはあった)、焦りましたが、1日だけのの譜読みで、なんとか頑張りました!!
そして、結果、オスカルもナンネッタも、合っているので、もっともっと演奏会やコンクールで歌ったらいいと思う、と言われました(笑)
フランスものが歌いたいんですけれども。。。
(公開レッスンはラモーのアリアを歌わせて頂けたので、まぁ良かったのですが

修了式。
e
c

アンスティチュフランセの桜の木の下で。
d
とても充実した講習会でした!皆様、ありがとうございました

3月末からイベントが盛り沢山で、慌ただしくしておりましたが、やっと一段落しました
簡単ですが、報告していきます。

3月28日、加古川で第九を歌わせて頂きました!
御来場頂いたみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました
初めてのアラベスクホール。
駅からちょっと遠いですが、とってもきれいで良く響くホールで、気持ちよく歌わせて頂きました
エレクトーンの伴奏も歌いやすくて良かったし、お客様もほぼ満員で、良い演奏会になったのではないかと思います
image


3月29日は、京都フランス音楽アカデミーの公開レッスンでした。
公開レッスンでは、受講生の中から4人歌いました。歌わせて頂けて、本当に嬉しかったです!

プログラム♪
image

ラモーのオペラ「イポリートとアリシー」より 恋するナイチンゲール を歌わせて頂きました。(曲は先生からの指定でした。)

image
通訳のあきさんが撮ってくださっていました!

前日が第九の本番で練習できなかったので、緊張してうまく歌えなかったところもありましたが、先生には、「昨年より上達した、下あごの力が抜けてきた」とおっしゃって頂きました!!
image
ミレイユ先生と

アカデミーのことは、また、後日詳しく書きます。
早く書かないと、忘れてしまう…


4月3日は、毎週ボイトレに行っている合唱部の新入生歓迎イベントで、演奏のお手伝いをしました
なんとものすごい強風で、野外ステージだったのですが、途中で雨も降ってきて、最悪の環境でしたが、一生懸命歌いました。。。
さて、新入生は入ってくれるでしょうか。
image


4月5日は、勤めている音楽教室の発表会でした。
歌の生徒さんは、8人中5人が出演されました!高出演率!
が、そのうち4人は発表会に出るのが初めてで、どうなることかと心配でした…
高校生の生徒さんが歌う前は、自分の本番と同じぐらい緊張しました!!
でも、本番に出せる力というのはやはりありますね。
皆さん堂々と歌われていて、良かったです!

終演後
image

このページのトップヘ