♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

2015年11月

なんと、もう終わってからもう1ヶ月も経ってしまいましたが・・・
バッハクライス神戸秋の演奏会、無事に終わりました!
ご来場頂きました皆様、ありがとうございました!
ソプラノ北井春花、オラトリオ(宗教曲)の演奏会デビューでした!!

2
とっても良いお天気!

3
須磨教会、素敵な雰囲気でした

中学生の時に音楽の授業でバッハの「小フーガト短調」を鑑賞してから、ずっとバッハ好きな私。
しかし、試験やコンクールや発表会以外でバッハを歌う機会はなかなかなく。。。

ソプラノが人数が足りないということでお誘い頂いて、7月にバッハクライス神戸に入団させて頂き、「やったー!バッハが歌えるー!」と喜んでいましたら、今回のプログラムは、バッハより古い作曲家の曲が多くて、未知の世界で、苦戦いたしました・・・
4ヶ月で沢山の曲を必死に詰め込み、大変勉強になりました

プログラム↓
12189021_915816395165614_8069033244027213329_n

ブクステフーデ作曲のカンタータでは、少しソロも歌わせて頂きました♪
短い上に、ソプラノにしては音域が低いソロで、緊張しましたが、良い経験をさせて頂き、感謝しています

これからも頑張って経験値を上げていきたいと思います
歌曲も、オペラも、オラトリオも、バランスよく歌っていくのが目標です

1
9月に友人のメゾ・あいこさんが入団し、心強かったです

次は、6月に定期演奏会があり、バッハのカンタータとミサを演奏する予定です。楽しみ~

なかなか更新できず、見てくださっている方はすみません…

10月末の、バッハクライス神戸の演奏会のこともまだ書けていませんが、
とりあえず、記憶が新しい、神戸ビエンナーレまちなかコンサートのことから書かせて頂きます!

神戸ビエンナーレは、2年に1回あり、今年で5回目だったそうですが、私の所属している神戸フォーレ協会もいつもまちなかコンサートに参加していて、私もこれまでに2回出演させて頂いたことがありました。

今年は、神戸フォーレ協会会員によるジョイントコンサート
応募したら出演できることになり、ソプラノ2人、メゾ1人、ピアノ1人の4名によるジョイントとなりました。
私以外は、皆さんベテランのお上手な方ばっかりでした!!

コンサート当日は、神戸マラソンと同じ日だったり、電車が事故で遅れていたり、大変な中お越し頂いた皆様、ありがとうございました!!
1

会場のシマブンBBプラザホールは…
コンサートホールではなく、多目的ホールだったので、床はじゅうたん、反響板ももちろんなく、なのに意外と広くて、一度下見のために他のまちなかコンサートを聴きに行った時には、「うわー、全然響かない」という感想でした。
が、実際演奏してみると、想像していたほど歌いにくいとうこともなく、温かいお客様に見守られ、無事に演奏できました

前にも書きましたが、
私は、フランス印象派の作曲家・ラヴェルと誕生日が一緒!(3月7日)
ずっと歌ってみたいな~と思っていて、やっとこれを機に初挑戦いたしました!

今回の演奏曲
グノー作曲:セレナーデ

ラヴェル作曲:
「5つのギリシャ民謡」
1、花嫁の目覚め
2、向こうの教会へ
3、どんな男前が
4、乳香を摘む女たちの歌
5、なんて楽しい

オペラ「子供と魔法」より
お下がり!良い子は暖めてあげるけど(火の精のアリア)

ラヴェルは、ドビュッシーと同じく印象派と言われていますが、ドビュッシーよりは初めて聴いても聴きやすいと思います。(スペインの血が流れているからでしょうか)
しかし、なかなかあの独特のおしゃれさが出せません精進いたします。。。

2月21日には、芦屋市民オペラ「子供と魔法」で、火の精とウグイスを歌わせて頂きますので(日本語上演ですが)、リベンジ頑張ります!
5
火の精「良い子は暖めてあげるけど、悪い子はやけどさせるよ!」

アンコールは、「おおシャンゼリゼ」をお客様と歌いました。
コンサート前日にパリでは大変な事件が起こり、でももうこの曲を準備してしまっていたので、どうしようかと思いましたが、パリと世界の平和を願って歌いました☆
6

最後に…
今回は、チラシもプログラムも私の作品でした。
おおシャンゼリゼの歌詞カードも♪
記念に、写真を載せます(笑)
3
4

このページのトップヘ