♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

2016年06月

蒸し暑いですね…
書き忘れていましたが、アレルギーの咳は、梅雨に入って湿度が増したら止まりました!(5月末ぐらい)
これから、5月は気を付けます!
ご心配頂き、ありがとうございました!!

今週末は、姫路混声合唱団さんの定期演奏会で歌わせて頂きます
2年に一回演奏会をされていて、いつも呼んでくださいます!ありがとうございます

image

日時:2016年6月26日(日)14:00~
会場:姫路キャスパホール(姫路駅からすぐです)
入場無料

私は、2ステの「四季の風景」(日本の歌のメドレー)で、合唱団さんとご一緒させて頂くのと、
3ステは、ありがたいことに、私のソロステージにして下さいました!!
皆さんよくご存知のクラシック曲を、ということで、
♪アヴェ・マリア(シューベルト)
♪セレナータ(トスティ)
♪「ラ・ボエーム」より 私が町を歩くと(プッチーニ)
♪夜鳴きうぐいす(アリャビエフ)
の4曲を歌わせて頂きます夜鳴きうぐいすは、前々から興味があった曲なのですが、今回初挑戦いたします!
よろしければ、お越しください


そして、来週末は、新作の創作童謡の演奏会に出演させて頂きます
大学の授業でお世話になった作曲の先生が、お声がけくださいました!!

image

第一回 未来へ贈るうた 創作童謡
黄金(きん)のあみコンサート

日時:2016年7月3日(日)13:30~
会場:大阪市青少年センターココプラザ2階 「エキスプレス・ココ200」(新大阪)
入場料:一般2000円、高校生以下1000円

私は、「手と手でぎゅっ」「ねつけのはなし」「ゆすらうめ」の3曲を歌わせて頂きます
詩も曲も可愛くて、私の日常にある音楽とは少し違う世界で、新鮮です!
ご興味ございましたら、お越しください

チケットのお求めは、私まで、よろしくお願いいたします
mipiace_miffy@hotmail.com

昨年夏から、ご縁あって、バッハクライス神戸のメンバーになり、先日、定期演奏会デビューいたしました
暑い中、沢山のお客様がお越しくださいました!
聴きに来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!
1
↑終演後。(フレッシュボイスさんご撮影

13427779_1042696425810943_1926091628450911800_n
↑プログラム♪♪

小ミサ曲BWV233では、ソロを務めさせて頂きました!
バッハソロデビューでした
全体的に音域が低く、音程の跳躍が多い、難しいアリアでしたが、オーボエのオブリガートがとても美しく(しかもとてもお上手な方でした!)、助けて頂いた感じでした
オーボエと通奏低音に支えられ、無事に歌えました!
ありがとうございました

小ミサ曲はプログラムの一番最後だったので、合唱を10曲歌ってからソロを歌わなければならず、ペース配分も難しかったです。。。
かなり神経質になってしまいました

合唱指導をしてくださっているバスの先生は、カンタータ105番、小ミサ曲、テレマンのカンタータでソロをされ、もちろん合唱も全曲歌われたのに、全て輝かしいお声で、細かいパッセージもきれいに歌われ、私もこんな風に歌えたら…と思いました!
精進いたします!!

2

関係者の皆様、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします!

********

昔からバッハが好きだったことは、以前書きました
http://le-nozze-di-haruka.dreamlog.jp/archives/4973432.html
今回、お客様に、「はるかさん、オペラより、バッハの方が声に合ってるんじゃないですか?」とおっしゃって頂きました。
これまでに色々な方からそう言われたことがありました。
実は、大学を卒業した時、古楽の歌い手になりたい気持ちもあり、少し迷いました
が、当時の私は、オペラばかり歌っていたので、オペラしか歌えず、バッハのようなバロック音楽を歌うテクニックはまだ全然なくて、オペラをもう少し勉強したい気持ちもあり、結局オペラ研修所に入る道を選んだのですが…。

そして、それから10年余りたち、昨年からバッハクライス神戸で歌わせて頂くようになりましたが、まだ今でも私にはこっち方面の知識もテクニックも足りなくて、カルチャーショックなことも多々あります!
が、新しいことを修得するのは楽しいし、嬉しいことに、バロックを歌っていて発見したことを、他の曲を歌う時にも活かせたりしています

京都フランス音楽アカデミーでご指導頂いた、敬愛するミレイユ先生も、「レザール・フロリサン」(フランスの有名な古楽グループ)で何年か勉強されたとおっしゃっていました
私も、修行いたします!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました

私は、10代の頃から、バロック音楽が割と好きでした
バロック時代の作曲家・バッハとヘンデルは、同い年です。
どちらも好きです
バッハは教会音楽が多いですが、ヘンデルはオペラも沢山作っているので、大学生~卒業してすぐの頃は、ヘンデルをよく歌っていました
ここ近年、バッハも歌うようになって、思うことは、「ヘンデルよりバッハの方が歌いやすい?!」でした!

つい先日、ある歌い手さんが、
「バッハとヘンデルは、似てるけど、根本的に全然違う」
とおっしゃられました。
「なぜなら、バッハは悩みの多い人生だったけど、ヘンデルは人生が楽しくて楽しくて仕方がなかったから!」
あ、なるほど…
ヘンデルはテンション高くないと歌えないということですね!!

テンション上げて、最近ヘンデルも練習中です!
04

何度も書きましたが、今週土曜日はバッハを歌います!
image

バッハをオーケストラで歌わせて頂ける、幸せな機会なのですが、
プログラム前半が、
バッハ:カンタータ「人よ、汝は告げられたり、善きことの何なるかを」BWV45
「主よ、汝のしもべを裁きにかけるなかれ」BWV105
後半が、
テレマン:カンタータ「イエスキリストの言葉」
バッハ:小ミサ曲 ヘ長調BWV233
と、盛り沢山プログラムになっており、体力と声が無くならないように頑張ります!!

小ミサ曲で、ソロを歌わせて頂きます
オーボエのオブリガートがとても美しいアリアです!
お時間ございましたら、ぜひお越しください!
mipiace_miffy@hotmail.com

このページのトップヘ