♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

2016年11月

所属しています「バッハクライス神戸」の秋のコンサートが、無事に終わりました
満席でした!ありがとうございました!
1

バッハクライス神戸のメンバーになって1年以上が過ぎ、ようやくこの時代の音楽に慣れてきて、ご指導の先生方がおっしゃることがすぐにわかったり、ある程度予測できるようになってきました!
大変勉強になっています

今回のテーマは、「バッハファミリーの音楽」
有名なヨハン・セバスチャン・バッハと、その次男エマニュエル、末息子フリードリッヒ、そして甥のエルンストの曲を演奏いたしました
末息子フリードリッヒは、モーツァルトと同世代で、音楽もバロックというより古典派に近かったです。
15181661_1178441935569724_6958620033454943566_n
プログラム♪

ソロでは、次男エマニュエルの「マニフィカト」のソプラノアリアを歌わせて頂きました
父バッハの「マニフィカト」の中の同じ歌詞のアリアを大学の授業で勉強しましたが、似ているところも無くはないですが、エマニュエルの方が、はるかに大曲で、ドラマティックでした!
歌い方も、父バッハの曲よりロマンチックで良い、と指揮者の先生がおっしゃられました。
素敵な曲を歌わせて頂けて、とても良い経験になりました!!
2
ソロ曲のリハーサル中♪

歌曲やオペラに比べたら、宗教曲はまだまだ経験値が足りないので、一回一回の本番が大変身になっております。
これからも頑張ります
3
お友達のあいこさんと♪

4
終演後、お客様に撮って頂きました!

1月には、ヘンデルの「メサイア」を歌わせて頂きます。
こちらも、良い経験になるように、しっかり準備して参ります
また改めてご案内いたします

一週間以上たってしまいましたが、私と田村幸造が運営している田村ピアノ音楽教室にて、初めてコンサート「古楽器と歌のコンサート」を開催いたしました

↓田村ピアノ音楽教室のブログはこちら
http://ameblo.jp/tamura-piano

レッスン室ではなく、二間続きの和室を会場にしました。
一日2回公演で、1回10名様限定にしましたら、ありがたいことに、生徒さんと御近所の方で予約がいっぱいになりました!
そして、家族や親戚が色々と手伝ってくれて、無事に開催できました!
皆様に感謝しております!

1

歌:北井春花
ツィンク:湊仁美
チェンバロ:田村幸造
というトリオでのコンサートでした。
(湊さんは、田村の同級生です♪)
ツィンクとは何か?!と言いますと、トランペットの古楽器で、上の写真の黒く細長い、角笛のような楽器です

田村は、クラヴィコードという楽器も弾きました。
2

湊さんのご主人・トランペットの堀川正浩さんもご出演くださいました
3

チェンバロのソロや、歌のソロも演奏しました。
お客様にもお楽しみ頂けたようで、良かったです!

プログラム↓
14910296_1153913691355882_5072594096571912416_n

ルネサンス~バロックあたりの時代の作品です。
私は、バロックより古い曲を演奏したのは初めてで、最初は楽譜を読むのも難しかったです
臨時記号がいつ解除になるのかわからなかったり、小節線がない楽譜があったり!
ヨーロッパで古楽を勉強された湊さんに沢山教えて頂きました。ありがとうございました!!

私の声はビブラートが比較的少ないので、古い時代のものが合っている、とこれまで色んな方から言われたことがあります。
古い時代の曲は、音の動きはシンプルでナチュラルなのですが、ただナチュラルに歌えばよいというものではない、と今回強く思いました。
なぜなら、「ナチュラル」は、西洋人のナチュラルだからです。
日本人である私が、西洋人のナチュラルに近付くのは、なかなか難しいです。。
響きを保つのに必死でした!

しかし、新しいことを知れるのはとても楽しいので、また機会があれば、古楽に挑戦したいと思っています
4

このページのトップヘ