♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

2018年04月

新年度が始まりましたね
今日は、仕事面での昨年度を振り返りたいと思います

昨年度2017年度は、声楽講師・リトミック講師としての仕事が過去最高に忙しく、充実していた年でした
ありがいことに、個人レッスンしている生徒さんがどんどん増え(一時は30名以上になりました!)、未熟ながら、受験生も数人指導させていただきました。
高校受験が二人、小学校受験が二人、そして宝塚受験が一人。

高校受験は、府立夕陽丘高校の音楽科と、夕陽丘学園高校(私学)の音楽コースに合格されました!
2人とも第一希望の学校でしたおめでとうございます!
2人ともとっても可愛い声楽の生徒さんです将来が楽しみです

小学校受験は、1人は合格、1人は残念ながら不合格で、第二希望の学校には合格していたのでそちらに通うことになりました。
リトミックの先生としてはまだ初心者な私は、小学校受験はもちろん初めての経験で、同業者の友人に試験の情報を教えてもらい、1年間必死にレッスンの準備とレッスンを頑張りました
学校にもよりますが、リズムを真似して叩く、音を聞き分ける、お歌、お遊戯などが出るようです。

前年は、「さかなさかなさかな~さかなを食べると~」の難易度の高いダンスが出たそうで、お母様から、レッスンでダンスもしてほしいとの要望が
レッスン前日にYouTubeでダンスを探して、振りを覚えて、、、。
大学でジャズダンス部に入っていたのが、思わぬところで役立ちました!笑

宝塚受験は、残念ながら不合格でした。
他の学校と比べたら倍率が一桁違うし、集団面接に受からなかったら実技試験が受けられないので、酷な受験だなぁと思いますが、試験直前は本当に良く頑張っていて、伸びました
これからも諦めずに頑張ってほしいです。

ちなみに、前年度に合格された105期の生徒さんは、合格発表のニュースで写っていました!


1月には、4回目の生徒さんの発表会を開催いたしました☆
川西市の田村ピアノ音楽教室でレッスンしている生徒さんと、訪問レッスンしている生徒さんのための発表会です。
ブログ用5

この冬はインフルエンザが大流行で、直前に欠席になった方もいて、とてもとても残念でしたが、私の生徒さんは、ちびっ子2人、中学生3人、高校生1人、大人7人、演奏されました
その中で、今回初出演の方が4人。かなり心配した方もいましたが、本番は皆さん期待以上の力を発揮してくださいました!!

ちびっ子の歌の伴奏(弾き歌い)しました。
とっても可愛い男の子の兄弟です!
ブログ用3
ブログ用4

大人の生徒さんと、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の二重唱を歌いました♪(初・ツェルリーナ!)
ブログ用1
ブログ用2


年度変わりと共に私の元を卒業された生徒さんもいるので、今年は、今のところ昨年よりは少し落ち着いていますが、神戸の実家でも一人レッスンするようになりました
変わらず、某大学合唱部と、通信制高校にも行かせていただいております。

そして…今年は、人生において次のステップにいくための努力をしようと思っています。全くどうなるかわかりませんが。
歌ももちろん歌い続けます
嬉しい事に、私に歌を習ってくださっている生徒さんは、「先生の歌が好きなので」とおっしゃってくださる方が多く、頑張って歌い続けないと!と思う力をいただいています

長文読んでくださり、ありがとうございました

ご縁があり、「バッハクライス神戸」に入らせていただいてから、2年半ほどたちました

2月17日、バッハクライス神戸の冬のコンサート、終演いたしました!
ソロでは、カンタータ202番「結婚カンタータ」(ソプラノのソロカンタータ)を3人で分割して歌い、私は2~5曲目を歌わせて頂きました
他の曲は合唱で出演いたしました。
2
1

結婚カンタータは、とても大好きなカンタータです!
今回オーケストラと一緒に演奏する機会を頂けて、珍しく、プレッシャーより喜びの方が大きかった本番だったような気がしています。
以前、一度ピアノ伴奏で歌ったことがあるので、気持ちに余裕があったというのもあると思います。どの本番も、余裕があるように、頑張らなくては、と改めて思いました!
3
↑結婚カンタータの終曲は、3人で一緒に歌いました

4


そして・・・
3月25日に、バッハ作曲「ヨハネ受難曲」に出演させていただきました!
バッハクライス神戸の合唱指導をしてくださっている今泉先生が企画と指揮、バッハクライス神戸の指揮者・李先生はヴィオラでご出演、さらにバッハクライス神戸の客演ソリスト・頃安先生がエヴァンゲリスト(福音史家)でした。
合唱は各パートが4~5名ずつで、バロックを中心に歌われているベテランの素晴らしい歌い手さんばかりでした!
そんな中で歌わせていただけて、幸せでした
会場の芦屋教会も、素敵なところでした!
05

↓リハーサルの日。
06
レチタティーボでほんのひとことだけソロをいただき、あまりにも一瞬すぎて、変な緊張感でした!難しかった!

カンタータに比べたら、受難曲はドラマチックで、早口の曲もあり、必死でしたが、とても良い経験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです
お客様も満席でした!!ありがとうございました!!

このページのトップヘ