♪Diary♪~byコロっとSoprano

ソプラノ歌手、北井春花です♪フランス音楽が大好きです。演奏会の企画も好きです。日々忙しく走り続けています! ~生徒さんも募集中。歌が好きな方、一緒に歌いませんか?~

2018年07月

遅すぎる更新、第三弾!
ライブラリコンサートの次の日は、所属団体・神戸フォーレ協会の定期演奏会に出演いたしました!
例年より沢山のお客様にお越しいただけたみたいです!
ありがとうございました
DSC_2193
二重唱を一緒に歌ってくださった宇治田さん、私、ピアノ田村。

先にこちらに出演することが決まっていて、後から6/30のライブラリコンサートのお話をいただいたので、たまたま連チャンになってしまいました
無事に体力が持って良かったです…!
FB_IMG_1533044979583
リハーサル中。(これは私ではありませんが)
歌曲には字幕がつくので、毎年お客様に好評です!

今年は、ドビュッシー没後100年ということで、ドビュッシーがテーマの演奏会でした。
私が演奏させていただいた曲♪ ↓

♪Fete galante(艶なる宴)ソロ
♪Regret(後悔)ソロ
♪Chanson espagnole(スペインの歌)二重唱

そして、合唱で、
♪Salut printemps(ようこそ春よ)
♪Ave Maria/グノー

を歌わせていただきました。

ドビュッシーの初期の歌曲は、10代後半~20代前半まで不倫関係にあったヴァニエ夫人(アマチュアのハイソプラノ歌手)に捧げられた曲が多く、ヴァニエ夫人の声に合わせて高音域を使って作曲されているので、ハイソプラノの歌手の方は皆さんよく歌われます
私も、ここ数年、何曲も取り組みました。
音域が広く、跳躍が激しい曲が多くて、最初はまず楽譜通りに歌うのが一苦労なのですが、ドビュッシー節(?)に慣れてくると楽しくなってきます。
しかも、新しいレパートリーが増やせれると、とても嬉しいです

二重唱「スペインの歌」は、ソプラノ同士の二重唱で、なかなかの難曲でした。
なのに、私が風邪をひいたためなかなか合わせができず、一緒に歌ってくださった宇治田さんにはご迷惑をかけてしまいましたが、本番が一番楽しんで歌えました!!

出演者の皆様、スタッフの皆様、お世話になりありがとうございました
(今年は、役員の任期は終わったので、演奏に集中させていただきましたありがたや!)
IMG_20180703_205303

遅すぎる更新、第二弾!!
大阪南YMCAライブラリコンサートの第108回に出演させていただきました
御来場くださった皆様、ありがとうございました
IMG_20180726_120900
左から、私、ピアノ田村幸造、ヴァイオリン高森真貴子さん。

ライブラリコンサートは、昨年夏の100回記念コンサートの時に、バッハクライス神戸の合唱指導をされている今泉先生からのお誘いで初めて出演させていただき、今回で二回目でした。
(今回は、田村がお世話になっている先生がお声掛けくださいました!)
名前の通り、図書室で開催されるコンサートです。

6月16日のバッハクライス神戸の定演で、風邪の中無理して歌ったため、その後悪化し、咳と痰がなかなか治らず、練習も出来ないし、気持ちが焦り狂ってもう大変でしたが、なんとか5日前ぐらいに完治し、ギリギリセーフでした
健康に歌えることの幸せを心から感じました

曲目♪
ヴォカリーズ/ラフマニノフ
オペラ「アルチーナ」より また私を喜ばせに来て/ヘンデル
「恋は魔術師」より 恐怖の踊り、火祭りの踊り/ファリャ
アヴェ・マリア/マスカーニ
シャコンヌ/ヴィターリ
***
艶なる宴、後悔/ドビュッシー
月の光、雨の庭/ドビュッシー
ミニョネッタ、セレの思い出/セヴラック
コンサートアリア「やさしい春がもうほほえんで」/モーツァルト
アンコール:ふるさと

が、私が演奏した曲です。
数年前、体調が良くなかった時期の本番で歌って消化不良になっていた「アルチーナ」のアリアがリベンジできて、嬉しかったです

実は、歌とヴァイオリンとピアノという組み合わせでコンサートをさせていただくのは、私は初めての経験だったかもしれません。
ヴァイオリンの高森さんの音は柔らかくて素敵で、私も歌いやすくて、ヴァイオリンの音と人の声って似ているなぁ…と改めて思いました!
楽しかったし勉強になりました
FB_IMG_1532705297137~2

FB_IMG_1532705312388~2

FB_IMG_1532705332773~2
フレッシュボイスさん、お写真ありがとうございました!!

音楽科や音楽コースに通っている高校生の生徒さんは、学校のお友達と一緒に聴きに来てくださいました!
お友達と一緒にいる姿を見ると、中学生の時より充実した顔つきで、雰囲気も大人になってきて、生徒さんの成長ぶりが嬉しかったです

もう一ヶ月以上たってしまっていますが、自分への記録としても残しておきたいので、書かせていただきます

バッハクライス神戸のメンバーになってから3回目の定期演奏会、無事に終わりました!
カンタータソロデビュー!
BWV29でソロを務めさせていただきました。
(以前定演でソロを担当した時は、ミサのソロを歌わせていただきましたので、カンタータのソロは初めてでした!)
ソプラノのアリアは、オーボエが歌の旋律と同じ旋律をなぞって吹いているところが多くて、初めての合わせでは、どう歌ったらいいのか戸惑いましたが、2回目の合わせからは、オーボエがとても私に合わせて支えてくださり、気持ちよく歌わせていただきました。
貴重な経験をありがとうございました!!
FB_IMG_1532513297551

前の記事にも少し書きましたが、、、
本番は土曜日だったのですが、
その週の火曜日、朝起きてみたら喉が痛い鼻水も出る
やってしまったー!という感じでした
仕事(レッスン)は、別の日に振替ができそうな生徒さんはお休みにさせていただき、
とにかく、うがいと、鼻をかみ続けて、あとは寝ていました。。
水曜日は、熱をはかったらほんのちょっとの微熱。
でも出掛ける気になれないぐらいしんどくて、この日は仕事は全て休ませてもらいました。。
お陰で、水曜の夜には喉痛はなくなっていました
木曜、金曜も、なるべく仕事を振替して、無理しないように過ごしました。

もし当日の朝どうしてもやばかったら、点滴に行こうか…とも考えましたが、なんとか歌える状態になりました!
この飴がこの日の相棒で、なかなかの優れものでした!「たたかうマヌカハニー」
DSC_2140

風邪をひいたのがもう1日遅かったとしたら、歌えていなかったかもしれません。恐かった。
バッハクライス神戸の皆様には、大変ご心配おかけしてすみませんでした

お客様には、風邪とはわからなかった、とおっしゃっていただき、ひと安心です。。
最後になりましたが、御来場くださった皆様、ありがとうございました
1532247477165
仲良しのあいこさんと

ご無沙汰しております。
先月、2018年になってから3回目の風邪をひいてしまいました!
風邪をひいたのは、1月、4月、6月、、、この先私どれだけひくのでしょう、、、

しかも、地震に、大雨、、、
私は幸い大きな被害はありませんでしたが、皆様大丈夫でしたでしょうか?!

そんなわけで、すっかりご無沙汰してしまいました

3月の初リサイタルが終わったあと、燃え尽き症候群気味になり、もちろん次なる演奏会のために練習はしていたのですが、集中できていなかったのか、体がうまく使えず、練習中も全然自分で納得できるように歌えず、人前で歌うのが憂鬱…という時期がありました。

そんな時、調子が戻るきっかけをくださったのは、神戸フォーレ協会の定期演奏会のための勉強会でご指導くださった相可佐代子先生!
1回きりのレッスン。しかも短い時間だったのに、体のことなど非常に適格な指示をくださり、久しぶりに、歌っていて「あっ、これだ!」と思えました!!

その後、バッハの本番直前に風邪をひいてしまい、焦りに焦って大変だったのですが、、、
「バッハクライス神戸定期演奏会」、「大阪南YMCAライブラリコンサート」、「神戸フォーレ協会定期演奏会」、なんとか全て無事に終了いたしました!
お越しくださった方、お世話になった方、ありがとうございました

演奏会のご報告は、改めて書きます!


神戸フォーレ協会の定期演奏会が終わった2週間後、毎年恒例の聴き合い会がありました
Screenshot_20180609-222051

今年でvol.10ということですが、私は2年目から参加させていただいているので、9年目。月日が流れるのが早いですー!

今回は、モーツァルトのハ短調ミサのアリア「Et incarnatus est」を歌わせていただきました。
数年前コンクールのために準備して、結局歌わずに終わった曲でした。
テクニック的にかなりの難曲で、数年前は死にそうになりながら歌っていましたが、今回はなんとかある程度自分のものに出来たかな…と思っています。

宗教曲はまだまだ経験値が少ないので、テクニックと表現が自分の中で結び付くまでに時間がかかってしまいます。。
私自身が無宗教であるという事もあると思います。
でも、美しい曲、歌いたい曲が沢山あるので、がんばります!
20180714_1836607
ホールの方が撮ってくださいました

このページのトップヘ