すでに一週間たってしまいましたが、創作童謡「黄金のあみコンサート」が無事に終わりました!
今年も沢山のお客様でした!ありがとうございました!

今年で3回目となりました「黄金のあみ」
1回目の時に、大学時代に音楽理論&作曲編曲法の授業でお世話になった南川先生がお声掛けくださり、それから毎回演奏させていただいています

今年演奏させていただいた曲は、
作曲:大森愛弓、詩:岩本良子「5月の子ねこ」
作曲:岡田正昭、詩:山本なおこ「きんかんの実」
作曲:渡辺さとみ、詩:すみくらまりこ「天使のはしご」
以上3曲でした。

45345775_1939624109451499_3775546501116198912_n
作曲の渡辺さとみ先生と、ピアノの田村と。
渡辺先生の曲は第1回の時から毎回歌わせていただき、毎回大変お世話になっています

まず、楽譜が届いたら、自分なりにどのように歌い表現したいかを考えて練習し、
本番2週間前ぐらいに、作曲家の先生との練習があり、色々とアドバイスをいただき、
それから本番までさらに歌い込んでいく、という感じです

このような日本の歌だと、歌っていくうちに「ここは、こうしたい」というフィーリングがどんどん出てきて、やっぱり私は日本人だなぁ…と改めて実感いたします(笑)
そして、作曲家の先生にアドバイスをいただくと、自分一人で考えていた時とはまた違った新たな発見があり、さらにわくわく楽しくなります

本番当日は、詩人の先生も客席にいらっしゃるので、歌詞を間違えたらどうしよう…というプレッシャーは大きいのですが
(今年も無事に間違えず終えられました!)
新作初演という貴重な機会に演奏させていただけることに、感謝しています


そして、このコンサートは、歌い手&ピアニストの皆さん良い方で、毎年お会いできるのが楽しみになっています(年毎に少しメンバーは入れ替わりますが、本当に良い方ばかり!)
今年もありがとうございました!!
45472850_1939624172784826_5232976028753723392_n
45359006_1939624256118151_7096343677408116736_n